バカでもわかる!歯周病って何?

バカでもわかる!歯周病って何?

皆さんは歯周病って何?と聞かれた時どのように答えますか?聞いたことはあるけど、どんなものか説明して、と言われると難しいものですよね。今回は、その歯周病について簡単に分かりやすくまとめていこうと思います。

 

歯周病とはどんな症状?

歯周病は、歯茎がだんだんと赤みを帯びて腫れてくるところから始まります。
初期の段階であれば、正しいブラッシングや生活習慣をしていけば改善できますが、進行が進むにつれ改善が難しくなっていきます。
進行が進むと、歯茎から血が出るようになってきます。歯磨きをしていて歯茎から血が出るようなことがあれば注意が必要です。口臭も次第にきつくなっていきます。歯茎もだんだんと目立つようになり、歯が揺れものが食べられなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまう場合もあるそうです。

 

歯周病の原因って何?

歯周病は、歯についた汚れ(プラーク)と細菌が原因です。歯を磨かなかったり、磨いていてもうまく磨き切れずに汚れが残ってしまうと、その汚れをエサに細菌が繁殖していきます。
それらが原因で、歯茎は炎症を起こしさらに口臭もきつくなるなど、お口に様々な異常が起こってきます。そしてその状態が続くことで歯周病が進行し、先ほども述べたような症状が進行していくのです。

 

歯周病の症状や原因を知ることで歯周病対策を始めるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。歯周病は、初期の段階で気づいて対処すれば悪化は防ぐことができます。しかし、進行してしまった状態での治療となると長い期間を必要とするので、このような知識を知って対策ができるといいですね。