血糖値が高く便秘になる人の3つの原因と対策法

2017y10m24d_214101992

こんにちは、チカです。

血糖値が高いと糖尿病のリスクが上がってくるし
便秘になりやすいです。

その原因は以下の3つによります。

・神経障害
・食事制限
・脱水症状

これらが影響して便秘になり
血糖値が上昇しやすくなるんです。

そして便秘と血糖値というのは密接に関係しています。

便秘を改善することは血糖値の上昇を防ぐことになるし
健康な体を手に入れる大きな一歩となります。

また血糖値が下がれば
美味しいものを食べられるようになるし
食事制限などをする必要がなくなります。

そのためにはしっかりとした
知識が必要なので説明します。

そもそも血糖値って何?

2016y07m09d_192251578

血糖値とはその名のとおり、体内を流れている血の中にある糖分の量です。

例えばただの水に砂糖をたっぷり入れるとどろっとしますよね。

血糖値の高い状態というのは
このようなどろっとした糖分たっぷりの血が体中に流れている状態のことを言います。

しかも、この糖が悪さをします。

糖尿病になった人はこの血中の有り余るほどの糖を
エネルギーとして全く使えなくなってしまいます。

そしてこの血の中に無駄に流れる糖は動脈硬化をひきおこし
目を見えにくくし、手足先に血が通らなくさせ壊死や、脳出血や心筋梗塞の原因になります。

血糖値が高いとうのは健康に非常に良くないので
きちんとした対策が必要になります。

糖尿病になると便秘になる3つの原因

神経障害

2017y10m24d_215018790

糖尿病の3大合併症である「神経障害」は特に症状が早く現れる症状です。

自律神経は体の様々な臓器を管理している神経で
呼吸や消化、分泌、排出、体温調節などという
生きる上で必要な体の機能を全部管理しています。

寝ているときに無意識でも呼吸ができるのは
この自律神経がしっかりと働いているからなんです。

なのでこの自律神経に障害がおこるということは
体の臓器の健康状態にも影響が出てきます。

そして腸と繋がっている自律神経に障害起こると
下痢や便秘といった症状が出てくるという仕組みです。

自律神経は非常にデリケートです。

ちょっとしたストレスでバランスを崩し
体調を悪化させることもあります。

糖尿病になるとこの自律神経に障害をもたらすので
血糖値が高い人は便秘に注意しないといけません。

食事制限による便の減少

2017y10m24d_215124193

糖尿病になると、血糖値を上げないために食事制限が課せられ
好きな物を好きなだけ食べることができなくなります。

血糖値の急上昇を防ぎ、糖分を控えなければならないために、
砂糖を含むおやつや料理にはもちろんですが、
白米の量にも制限がかかり以前よりも食事量が減ってしまいます。

食事量が減ったことによって便のかさも減ってしまい
便意を感じにくく便秘がちになります。

便意はしっかりとした量が腸に溜まらないと起きにくく
血糖値が高いからといって過度にダイエットする人も
同じような原因で便秘になったりします。

便意が来るようになるには便の量が必要なんです。

糖尿による脱水症状

2017y10m24d_215436465

血液中の糖の量が多くなると
体は糖を下げようとする力が働きます。

尿と一緒に糖を排出しようとするので
普段よりも尿が増え体が脱水状態になります。

そうすると腸内の水分も不足して
便がカチカチに固くなって便秘になりやすくなります。

人間の体の60%は水分で出来ているので
水分補給は生命維持には大事な要素となります。

そして血糖値が高く便秘がちになると
普段よりも多くの水分量が必要になるのです。

やるべき対策法

そしてここからそれらの問題を解決する方法を紹介していきます。

ストレス発散

2017y10m24d_215747614

自律神経障害が出てくると
ネガティブ思考になったりストレスが溜まりやすくなります。

なので定期的なストレスが発散が必要だし
普段からストレスを溜めないようにした方がいいです。

具体的にゲームしたり音楽聞いたり
スポーツしたりなどは個人の趣味によると思います。

でも仕事などではどうしてもストレスが溜まりがちです。

嫌なことがあったりムカつくことや
上手く行かないことが起こると一気にストレスが押し寄せてきます。

そんなときに私が普段からストレスを溜めないようにしてる方法は
「完璧主義」をやめることです。

特に仕事では完璧に準備してからやろうとすると
なかなかスタートがきれません。

7割くらい準備して走り始めてから
あとは走りながら残りの3割を修正して行く感じです。

仕事で予定なんか立てても
やってる途中にトラブルなんて付きものです。

私も仕事で一生懸命準備したつもりが
結果上手くいってないなんてことはよくあります。

そんな時に完璧主義だと
「ああ完璧に出来なかった私はなんてダメな人間なんだ・・」
と自己否定してストレスを溜めてしまいます。

じゃなくてやることは
「じゃあ次はココを改善してミスしないようにしよう」
って反省したらその話題は終わりにすることです。

完璧主義になり自己否定して
いつまでもミスを引きずるとストレス溜まりまくりです。

仕事でミスしたら「なぜ?」を考えて
次どうすればミスしないかを思いつけばいいんです。

もちろん仕事でミスしない方が良いですが
ミスしても完璧主義はしないようにしましょう。

食物繊維と摂って便の量を増やす

2016y02m11d_202720943

血糖値が高い人は食事制限をしないといけません。

基本的に食事の量が減ってしまうので
便が溜まらず便秘になってしまいます。

なので食物繊維を摂って便秘の質量を上げるようにします。

食物繊維なら何でも良いというわけではなく
摂取するのは不要性食物繊維です。

不要性食物繊維はスポンジのように水分を吸うことで
質量が増えるので便のかさ増しになります。

普段は便意を感じなくても
食物繊維が膨らみ腸に圧をかけることで便意を感じやすくなります。

ただしこれは「便が少ない」という理由で
便秘の症状が出ている人向けです。

便秘でお腹がパンパン張っているという人は
便が直腸付近まで詰まっている状態です。

そのような人が不溶性食物繊維を摂取すると
水分を吸ってよけいお腹を張ることになるのでやめましょう。

水分補給

2017y10m24d_220049567

血糖値が高くなると体が糖を尿で排出してようとするので
普段よりも多くの水分が必要になります。

成人で1日に2ℓの水分補給が必要だと言われています。

しかし食事量も含めてなので
だいたい1.5ℓが目安とされています。

一気に飲むと体への負担が大きいので
小まめに補給することが重要です。

それで糖が入ってるスポーツドリンクや
ジュースなどは控えて水が一番良いと思います。

コーヒーやお茶は利尿作用があるので
あまりおすすめできません。

自分が気づいてなくても体は脱水症状を起こしている場合があるので
意識的に水分は摂るようにしましょう。

逆に便秘が糖尿病の原因になる?

便秘になると、体に毒物をため込んでいるのと同じ状態が続くことになります

いくら少量だとはいえ便はほっておくと
どんどん大腸の中で腐敗していきます。

そうすると、腸内に有害な成分やにおいのキツイ毒ガスが
便から発生しそれが全身に運ばれることになってしまいます。

その有害な成分がすい臓に運ばれると
すい臓の機能を低下させてしまいます。

そうするとインスリンの分泌量も減ることになります。

このインスリンには血糖値をさげる働きがあるので
膵臓が弱ることで分泌量が減れば血糖値も上がります。

なので便秘を放置しておくことは
血糖値を上げることにもなってしまうのです。

体に便が溜まってしまい
排出できないというのは本来あってはならないことです。

しかし出ないからと言って便秘薬などの下剤を使えば
腸の負担も大きいのでより自然な排便ができなくなります。

便秘を改善するなら生活習慣を正すのが一番です。

上記で解説しまいたが
ストレス、食事制限、水分不足は便秘に影響します。

なので便秘はなるべき早く改善するようにしましょう。

-----------------------------------------------------

世の中の便秘の知識は
間違ったものばかりです。

・食物繊維食べろ
・毎日出ないと便秘だぞ
・悪玉菌は少なくしろ

このようなことを私も昔は本気で信じていましたが正しい便秘の知識は全然違います。

健康テレビ番組などのメディアで発信される内容はスポンサーの関係もあり、本当に悩んでいる人のためになる情報はごくわずかです。

便秘の専門書籍を読むようになってから私はその事実を知り、便秘の本質に気づきました。


そして私の人生は180度変わりました。



便秘だった頃の下腹ぽっこりが消え、体のラインが見える服が着れるようになりました。

肌がキレイになって見た目に自信がつき恋愛にも積極的になれたし、以前のように仕事中にイライラしなくなりました。


今では仕事もプライベートも毎日がキラキラしています。

その常識から外れた便秘の知識は
メルマガのみで公開中です。

しかも今なら私が便秘専門書籍を10冊以上読んで得た美腸テクニック集「便秘革命」も無料プレゼント中です。


【クリックしてプレゼントをもらう】

ぜひ読んでね~(๑´∀`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です